うつの症状を理解して病気治療に役立てる【早期治療が大切】

対策を講じる

メンズ

日本は欧米と比較するとうつ病の有病率は低いといわれています。しかし、中高年の働き盛りに発症する患者が多いことで知られています。世界的にみると若い世代に患者が多いことが特徴であるのに、日本では中高年が目立つということで、社会的な背景が原因の一端を担っているといえるでしょう。そして患者の数は年々増加の一途をたどっているのが現状です。

なぜうつ病を発症してしまうのでしょうか。治療しなくても症状がよくなる内因性うつ病が一般的ですが、これは再発の可能性があるため注意が必要です。原因が明確なケースもあれば、不明の場合もあります。原因が見当たらないというケースでは、セロトニンなどの脳内物質に問題があることがうつ症状を引き起こしている要因といえます。

うつの症状にいち早く気づくことで、問題が深刻化することを防げます。自分でも症状の特徴を知って、ときおりチェックしてみることは重要です。たとえば、悲しい気分から抜け出せない症状や、イライラが続く、何もやる気が起きないといった症状には注意が必要です。死にたくなってしまうことがあれば、かなり症状は悪化していると考えられますので、すぐに専門クリニックを受診することが肝心です。

症状は身体的なサインとなって現れることがあります。食欲がない、睡眠がうまくできない、頭痛といった症状です。倦怠感や動悸、便秘、めまいといった症状が出る患者もいます。特定の原因がないのに、いつもとは違う不調が続いた場合は、うつを疑ってみることも大切です。

うつ病を治療するクリニックの数は昔よりも増えて選択肢が広がっています。また、病気に対する認知度も高くなっており、患者を取り巻く環境も向上しているはずです。病気のことがわからないという不安がより大きな不安を呼んで症状を悪化させてしまうこともあるため、できるだけ病気のせいで症状が出ていることを理解して、早めに対策していきましょう。専門機関やクリニックに相談することで、手遅れにならずにすみます。ゆっくりと焦らずに治療を進めて回復していくことを目指しましょう。

改善するために

悩む人

種類がたくさんあって複雑なうつ病は、適切に診断してもらうことが重要です。症状次第で治療方法も変わってきますが、まずは休養することが肝心です。そして、薬物治療やカウンセリングなどで、症状の改善を目指していきましょう。

Read More

無理をしないでチェック

相談

自分の身体のことを労るように意識することで、うつの予防になります。無理のしない生活を心がけるほか、専門クリニックを受診することに抵抗があるなら、簡易テストでうつの症状をチェックしてみることも有効です。

Read More

思春期の悩み

ハート

傷つきやすい思春期の子供は、うつ病になってしまうこともあります。親は日常的に子供を見守って、うつの症状がないか察知してあげるようにしましょう。また、病気の原因となるような問題を一緒に解決していく姿勢が求められます。

Read More

女性特有の問題

カウンセリング

更年期を迎える女性や、セクハラを受けたことがきっかけでうつ病の症状が現れるケースが多いです。女性であれば、こうしたことが原因で病気になる可能性があるため、注意をした方がいいでしょう。

Read More

社会復帰を目指すために

葉っぱ

うつ病を再発させないために大切なことは、焦らず無理をせず、少しずつ社会生活に慣れていくことです。いきなりすぐに復帰しようとすると、またうつの症状が出てくることになります。周囲に頼りながら、一歩ずつ復帰していきましょう。

Read More

Back to Top