うつの症状を理解して病気治療に役立てる【早期治療が大切】

女性特有の問題

カウンセリング

40代中頃から50代中頃にかけて、女性は身も心も変化が訪れやすい時期になります。ちょうどそのあたりの時期には、女性ホルモンの働きが不安定になって、身体に影響が出やすくなるのです。いわゆる更年期とよばれるもので、うつのような症状が現れてくることが多いです。もちろん、本格的なうつ病を発症してしまう女性も少なくなりません。

更年期になると、うつ症状のほかにも女性特有の病気にかかりやすくなるといわれています。また、そうした婦人科系の病気にかかったことが原因で、うつ病を併発してしまうケースもあります。人間ドックや特定健診などを受けて、こまめに身体のことをチェックしていくことが必要です。病気に早く気づくことができれば、それだけ症状も軽く、完治するまでの時間も短くなるはずです。うつ病になるリスクも軽減することができるといえます。

また、女性が気をつけるべき問題として、セクハラがあります。仕事関係の人からセクハラを受けることによって、悩みが深刻化して、ついにうつ病を発症してしまうことがあるのです。仕事を辞めたり、セクハラの問題を訴えたりすることができれば、うつ病の症状が出る前に問題を解決することも可能です。しかし、現実問題として、なかなか難しい状況があるようです。セクハラは犯罪行為だともいえます。泣き寝入りしてストレスをためることで、うつ病の症状が悪化してしまうこともあるでしょう。弁護士や、然るべき行政機関に相談していくことも大切です。一人で問題を解決しようとせずに、周囲のサポートを借りていきましょう。

Back to Top