うつの症状を理解して病気治療に役立てる【早期治療が大切】

改善するために

悩む人

現代人が多くかかっているうつ病ですが、診断には基準があります。基本的には、患者の症状を家族や周囲の人からヒアリングしたり、患者に直接問診したりすることで診断していきます。またうつ病は、細かく分けると多くの種類に分類されます。うつの種類によって治療法は異なってくるため、正しい診断が重要になってくるといえるでしょう。

適切な診断をしてもらった後には治療に入っていきます。うつの症状によっては、仕事や学校などを休む必要も出てきます。ゆっくりと休むことができない環境に身を置き続けることは、症状を悪化させてしまうことに繋がります。そのため、うつ病であることがわかったら、周囲の人のサポートも必要となります。遠慮することなく、相談して休養をとって治療を最優先して考えていきましょう。

また、症状を良くするためには、薬を使った治療が欠かせないものになってきます。決められた薬を指定された量と頻度で服用していくようにすることが大切です。薬の副作用が心配と感じる患者も多いですが、まずはうつの症状を改善させていくことに集中するのが得策といえるでしょう。もちろん、身体に合わない場合は無理をせずにすぐに医師に相談していくことが重要です。ただ、自己判断で断薬する他、薬を減らしていくのは避けるべきことです。

また、治療ではカウンセリングも選択肢として有効です。専門のカウンセラーやドクターとカウンセリングを重ねることで、症状が緩和していく患者もいます。患者の性格や思考方法が病気の原因の一つになっていることもあるので、患者が柔軟な思考を身につけることができるようになることによって、うつの症状の改善が期待できる場合もあるのです。カウンセリングは、患者と医師やカウンセラーがマンツマーンで行なうこともあれば、患者同士が集団で行なうこともあります。症状に合わせて、適切な方法でカウンセリングを進めていくとよいでしょう。

Back to Top