うつの症状を理解して病気治療に役立てる【早期治療が大切】

思春期の悩み

ハート

人は誰でも落ち込んだりすることがあります。ネガティブな感情に振り回されて大変な思いをすることもあるでしょう。とくに思春期など多感な年頃においては、マイナス感情や喪失感に苦しむケースもあります。そうした暗くて重い気持ちに支配され続けることで、うつ病を発症してしまうこともあるはずです。しかし、思春期のホルモンバランスの乱れが原因ということもありますし、自意識が過剰だったり、自我が確立するまでの成長段階だったりするので、いろいろと揺れ動くことが当然でもあります。スポーツや学業に打ち込むことで、余計な思案を巡らすことを避けることができますし、友情や恋愛で楽しい時間を過ごすことで劇的に症状が改善することも期待できます。また、ストレスとなる原因をなくすことで、症状が緩和されることも多いです。もちろん、うつの症状が深刻な他にも長く改善できない場合は、専門病院を受診して治療することが大切ですが、一過性ということも多いですので、思春期においてはとくに慎重に見極めることがときには必要となってくるでしょう。

では、親の立場で考えてみましょう。思春期の子供を持つ親は、どのような点に注意して子供のうつ病のサインを見過ごさないようにすればよいのでしょうか。うつの症状としては、子供でも大人と同じような症状が出ます。キレやすくなったり、引きこもりがちになったりするなどわかりやすいサインもあります。しかし、反抗期になると、子供は親と接触を避ける傾向も見られます。そのため、子供の変化に気がつきにくいという状況も多いようです。できるだけ普段から積極的に子供の様子を見て、コミュニケーションをとるように親は努力すべきだといえるでしょう。子供が学校で友人とうまくいっていない、勉強についていけないといったことでもうつを発症します。また、イジメにあうことでうつに発展することもあります。子供が学校で辛い思いをしていないか、家庭で子供が話をしやすい環境をつくることも重要です。そして問題となるような事柄を取り除くようにしてあげましょう。

Back to Top