うつの症状を理解して病気治療に役立てる【早期治療が大切】

社会復帰を目指すために

葉っぱ

適切な治療を受けてうつ病の症状が改善してくると、社会復帰のことが視野に入ってくるはずです。以前のように仕事をしたり、家事や育児をしたりしたいと考えるのは当然のことかもしれません。しかし、病気が再発しないように考えて行動をとることが大切になります。元にいた職場に復職して同じような仕事をしていると、また再発してしまうかもしれないリスクを考えていきましょう。上司や同僚に事情を理解してもらって、少しずつ仕事をしていくように工夫していくことが大切です。また、家事や育児なども同様です。すべてを完璧にしていこうという意識が、うつの症状を再び引き寄せてしまうことにもなりかねません。できる範囲で少しずつ行なっていく姿勢が重要になるのです。

通勤で問題になってくるのが、どのような交通手段を使っていくかということです。満員電車などは、うつの症状が出たり、悪化したりする原因となります。無理をしないで通勤ができることを最優先に考えていきましょう。まずは、会社に行けたことだけでも大きな一歩となります。焦らずに、ゆっくりと目の前のことを一つ一つ片付けていくようにするといいかもしれません。さらに、以前の自分や周りの人と比較しないことも重要です。うつ病の症状が良くなってくると、ついついいろいろなことができなくなっている自分に気づいて、さらに落ち込んでしまうといったこともあります。しかし、できない自分にフォーカスして、周りと比べることはナンセンスです。病気の症状がよくなって、少しずついろいろなことが再びできるようになっていることに焦点を当てるようにしていきましょう。そうした積み重ねが、うつ病の再発を遠ざけていくのです。

Back to Top